ハウスキーピング【ホテル】

ハウスキーピングの難易度・大変度・将来

4-3ハウスキーピングの難易度・大変度・将来
正直言ってアカの他人が使った部屋に入るのはあまり気持ちのいいものではない。

寝乱れたベッド、びしょぬれのタオル、灰皿からあふれんばかりの吸殻など。それにめげているようではハウスキーピングの仕事は務まらない。

チャックアウトからチェックインまでの短い間、あるいは連泊の宿泊客が外出しているわずかの間に、手早く客室を片付けてしまわなければならない。
ベッドメーキングにしても数分で仕上げるテクニックを身につけないと一人前とは言えない。

ハウスキーピングは、ホテルのスタッフとして一度は体験しておくべき仕事。それが将来他の部門に移ったときにも必ず役に立つ。
回りまわっていずれはハウスキーピング部門の責任者に任ぜられることもありえる。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47304179
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。