コンシェルジュ【ホテル】

コンシェルジュの仕事・職業

5-1コンシェルジュの仕事・職業

最近コンシェルジュという単語を耳にすることがありますが、
フランス語で「門番」「管理人」を意味します。
お客様からのさまざまなリクエストに応える「何でも相談係」のような専門職を差す。
アメリカ系のホテルでは「アシスタントマネージャー」という。

仕事内容:

例えば、あなたがパリへ海外旅行した、何泊かして、フランス料理にも飽きた。今日の夕食は中華料理にしたい。
でもどこのチャイニーズレストランがおすすめなのかがわからない。

そこで頼りになるのがコンシェルジュ。
コンシェルジュというのは情報通だから、待ってましたとばかりに、美味しいチャイニーズレストランの2つや3つはすぐに教えてくれる。

そのほか航空券の予約、リコンフファーム(予約再確認)、観光案内、劇場や映画館の座席予約、ホテル内の設備案内など、まさに「何でも」大活躍。

特別なゲスト(VIP)担当は別にゲストリレーションズと呼ばれる役割がある。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。