ソムリエ【ホテル】

ソムリエの仕事・やりがい

7-1ソムリエの仕事・やりがい
料理とワインを最高に楽しむためのアドバイザー。
それがソムリエの仕事。
伝統的に食事とワインが密接に結びついているヨーロッパ(とくにフランス)では古くから名誉ある称号とされてきた。レストランと名がつくからにはソムリエがいないなんで考えられない。ヨーロッパはそんなところです。

日本ではソムリエというとワインだけに限ってしまいがちですが、本当は食前酒から食後酒まであらゆる飲み物がソムリエの仕事の取り扱い品目に入っている。

ソムリエは飲み物のトータルコーディネーター。

しかも、その場の雰囲気や料理に合わせてワインなどの銘柄を選定するだけでなく、サービスも担当。
さらにワインの購入(仕入れ)、貯蔵、在庫管理までソムリエの仕事に入るから責任は重大。

季節の変わり目でレストランのメニューを一新するときなど、ソムリエはワインリスト作成に大忙し。
色、香り、産地、ブドウの収穫年といったあらゆる要素を考えあわせながらそれぞれのメニューにもっともふさわしいワインをリストアップしていく。

ソムリエとしての実力が問われるときであり、同時に最高の喜び、やりがいを感じれるときでもある。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47304185
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。