ソムリエ【ホテル】

ソムリエの難易度・大変度・将来性

7-2ソムリエの難易度・大変度・将来性
ワインをはじめ、あらゆる飲み物、料理に関しても広く深く知識が必要なので、相当な努力が必要。

接客マナーについても基本からみっちりトレーニングを積む。
そのうえ最終的にはやっぱり「才能」「センス」が問題になってくる。なにしろソムリエというのは、味覚、嗅覚、視覚が人並み以上にすぐれたスペシャリストでなくては務まらない。

大きなレストランでは、レストラン部門に複数のソムリエがいて、上から順に、
チーフソムリエ⇒アシスタントチーフソムリエ⇒シニアソムリエ⇒ソムリエといった職階が設けられている。
ただのソムリエからだんだんとランクアップしてチームソムリエになれば、責任は重大だがそれに見合った収入と名誉が得られるのは当然。

ワイン文化の定着でこれからソムリエの活躍の場が増えていくのも間違いない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。