ウェイター・ウェイトレス【ホテル】

ウェイター・ウェイトレスの仕事、やりがい

8-1ウェイター・ウェイトレスの仕事、やりがい
ホテルの現場スタッフの中でお客様と接する時間がもっとも長い職種。
コース料理の場合などは、2時間以上ということも珍しくない。
リピーターに対してはビールの銘柄、肉の焼き具合、塩加減など好みを覚えた上でサービスする。

つまり、サービスの「技能」が必要なわけで、修練を積めば「レストランサービス技能士」という国家資格を得ることもできる。

決して単純労働ではない。たとえば歩き方、身のこなし方、言葉遣い、料理・飲み物の選び方、置き方・・・

きっちりトレーニングを受けて、現場経験をつんで初めて一人前。やりがいや面白さもそれからです。

ウェイター・ウェイトレス【ホテル】

ウェイター・ウェイトレスの難易度・大変、将来

8-2ウェイター・ウェイトレスの難易度・大変、将来
料理がどんなに美味しくてもウェイター、ウェイトレスの態度が悪かったり、サービスが下手だったりしたらすべて台無し。

「態度」「サービス」を一流レベルまで引き上げるのは相当難しい。

どんなお客様にも公平な態度で接するには精神的なトレーニングが必要だし、料理や飲み物をスマートにサービスするためにはノウハウというか、テクニックがいる。その意味ではこの道20年、30年というベテランがいても不思議ではない。

ます、見習いであるバスボーイを振り出しに、ウェイター(ウェイトレス)⇒アシスタント・レストランマネージャー⇒レストランマネージャーという出世コースがる。
料理内容によってサービス方法(接客方法)も異なるのでいろいろなレストランを経験し、レストランサービスのプロを目指そう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。