ベルボーイ、ベルガール【ホテル】

ベルボーイ・ベルガールの難易度・大変度・将来性

2-3ベルボーイ・ベルガールの難易度・大変度・将来性
パッケージツアーなどで大型のグループがチェックイン、チェックアウトするときは大変な騒ぎです。
とくにチェックアウトの際、短時間のうちにたくさんの荷物をバスへ運び入れなければならないので忙しく、荷物の積み残しや積み間違えがよく起こる。

ベルボーイ、ベルガールがしっかりしていないと、ホテル全体の信用に傷がつきます。

将来性

ベルボーイ・ベルガールからスタートして偉くなるとベルキャプテン。フロントサービス部門の現場責任者。
そんな風に現場主義でずっと生きていくのも一つの考え方ですが、実際は他の部門へのステップになっている場合が多い。

ベルボーイ、ベルガールはホテルマン(ホテルウーマン)修行の第一歩として、必ず経験しておかなければならない大切な仕事です。

ベルボーイ、ベルガール【ホテル】

ベルボーイ・ベルガールのやりがい・面白さ

2-2ベルボーイ・ベルガールのやりがい・面白さ
ホテルの顔をも言えるロビースペースを仕切っているのはベルキャプテンを筆頭とする「フロントサービス」部門。

決して荷物運びだけの単純労働ではない。

ロビーでの荷物預かり(クローク業務)やインフォメーション、ロビー回りの整理なども担当。

何より、人が大勢集まる場所にはいろんな人間ドラマがあって、それらは事務系の部門では体験しにくいもの。

三谷監督作品映画「THE 有頂天ホテル」を観るといろんなドラマがロビーをメインとして展開していってます。

ベルボーイ、ベルガール【ホテル】

ベルボーイ、ベルガールの仕事・職業

2-1ベルボーイ、ベルガールの仕事・職業
フロントでチェックイン手続きを済ませた宿泊客を客室まで案内するのが主な仕事。

逆にチェックアウト時に客室からロビーまで手荷物を運んだり、出発まで間違いなく手荷物を保管しておくのもベルボーイ、ベルガールの役目。

フロントとの連携プレーが大切で、いつもフロント周辺やロビー全体の動きに目配り、気配りをしなければならない。

いわゆるフロントが「フロントオフィス」と呼ばれるのに対し、こちらは「フロント・サービス」と位置づけられ、「ハウスキーピング」と三位一体で宿泊部門が運営されている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。