フロントクラーク【ホテル】

フロントクラークのやりがい・面白さ・難易度・将来

1-2フロントクラークのやりがい・面白さ・難易度・将来
フロントにはホテルの生命線とも言える大事な機能が集中している。
ホテル全体のコントロールセンターのような役割をフロントが担っているのでやりがい・面白さも充実。

リザベーション、レセプション、インフォメーション、キャッシャーの4つの業務を合わせて「フロントオフィス・オペレーション」という。

大規模ホテルやチェーンホテルではリザベーションを独立部門としているところもあるが、中小ホテルでは兼任が多く、フロント業務は多忙を極める。

フロントはホテルのすべてを知っていなければならない、商品知識を豊富に持ったプロフェッショナルだけができる仕事。


将来性:フロントオフィス・オペレーションのすべての業務ができるようになれば、それはホテルの仕事の全体像が見えたということ。
他部門への移動や他のホテルにトラバーユするときも経験が有利に。

フロントクラーク【ホテル】

フロントクラークの仕事・職業

1-1フロントクラークの仕事・職業
ホテルのフロントオフィスは、大きく分けて4つの業務を担当。

1、リザベーション=宿泊予約。

利用客とホテルが最初に接点を持つところで、確実・迅速な対応と事務処理が求められる。
予約受付だけでなく、キャンセルや変更もあるので気が抜けない。

2、レセプション=接遇。

チェックインからチェックアウトまでの間に発生するさまざまな手続きやサービスなどを担当。
チェックイン時の予約確認、部屋割り(ルーミング)、ベルボーイ、ベルガールへの指示、料飲・宴会部門への情報伝達や指示など。
利用客とダイレクトに接するので、言葉遣いをはじめ、正しいマナーが求められる。

3、インフォメーション=案内。

フロントはホテルの情報センター的な役割も担っている。
ホテル利用客の目的は観光、ビジネス、飲食、宴会などさまざま。それに応えられるだけの豊富な情報量がインフォメーション担当には求められる。
各種案内のほか、郵便物、国際電話、Faxの扱いも。

4、キャッシャー=会計。

チェックアウト時の精算をはじめ、各種の会計業務を担当。
外貨の両替、貴重品の預かりもキャッシャーの仕事。
金銭、貴重品を扱う仕事なので、ミスは許されない。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。