メディアセールス【旅行・観光】

メディアセールスの難易度・大変度

5-3●メディアセールスの難易度・大変度
大きな反響を呼ぶ可能性があるということは、リスクも同様におおき。
新聞広告がいくらするか知ってますでしょうか。
ハイリスク・ハイリターンの商売はたとえ責任を取る立場にいなくても、かなりのプレッシャーがあります。

リザベーションの仕事も広告の反響が大きいのはけっこうなことだけど、その身になってみれば大変。おもに電話、ネットを通じた「顔をあわせない」接客だけによけい気を使って疲れる。

昨今各社のホームページでは多様な仕掛けやリンクが張り巡らされ、自社のホームページにどうすれば消費者からの反応が多くあがってくるか、メディアセールスの実力が問われる。
また、お客様に関するデータ(顧客情報)をどう守っていくかも大切で、IT技術プラス法的な知識がこの時代・この仕事には必要とされます。
まさに時代の最先端をいく職種ということで簡単ではないが、それに見合った報酬・将来性が期待できる。

メディアセールス【旅行・観光】

メディアセールスのやりがい・面白さ

5-2■メディアセールスのやりがい・面白さ
マスメディアにうまく乗ったときの反響は桁外れにすごい。
予約の電話・メールがひっきりなし。電話がなりっぱなしで息つく暇もない。
そんな興奮を体感できるのがメディアを利用したセールスの最大の面白さと言える。

とくにプランニングに携わっていたとすれば飛び上がって喜ぶか、小さくガッツポーズをとるか、いずれにしてもうれしいこと間違いない。

メディアセールス【旅行・観光】

メディアセールスの仕事

5-1★メディアセールスの仕事
新聞や雑誌のツアー広告はみたことがあるはずです。
なかでも新聞広告、折込広告などは派手で1ページ前面を使っているものも。
旅行好きならツアー情報誌にのっている広告を見たことがあると思います。

店舗販売でも、足を稼ぐ外販でもなく、こうしたメディアに広告を仕掛けてパッケージツアーを販売するのが、メディアセールスの仕事。

専門のセクションを設けてツアー企画から広告展開、予約の受付までトータルに行っている旅行会社も多い。

プランニング(企画)、オペレーション(仕入れ・手配)、プロモーション(広告・販売促進)、リザベーション(予約)と仕事の内容はさまざまなので、どの仕事に就けるかは会社次第、あなた次第。
インターネット利用があたりまえになった現在、ホームページ上で旅行案内、ツアー案内、予約受付ができるところが多くなっています。

WEB上でマーケティングする仕事・担当・部署もあるかもしれません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。