ツーアプランニング【旅行・観光】

ツアープランニングの将来性

1-4▲ツアープランニングの将来性
プランニングは旅行商品の命。
格安航空券を利用した個人旅行や激安ツアーが人気を呼ぶ一方でしっかりした内容のパッケージツアーが求められている。

今、ツアー旅行でも価格の二極化が顕著です。
激安、超安いツアー、超高い、高級ツアー。
当然高いツアーには知恵がいっぱい詰まっている必要があります。
旅行者にとって一生に一度の最高の思い出にしてもらうために、プランニングするのは責任も重大ですが、やりがいも最高です。
いずれにしてもツアープランニングという職業は将来的にも◎でしょう。

ツーアプランニング【旅行・観光】

ツアープランニングの難易度・大変度

1-3●ツアープランニングの難易度・大変度
もちろん、現実はそう甘くはありません。
自分のために旅行プランを立てるのとはまったく事情が違います。

販売対象、それにみあう価格設定、航空座席やホテル客室の仕入れ値、他社との競合などさまざまな制約の中でプランを組み立てなければいけません。
つまり、プロとしての計算がしっかり要求されます。

体力的にも大変です。たとえばパンフレットの政策が追い込みになっている時期。
ツアーパンフレットはたいてい、新年度がはじまる4月に向けて各社そろって納品を目指すか、他社の価格設定などとの違いが気になり、納品直前で必ず修正が入ります。
こうなると徹夜作業だって珍しくありません。

ツーアプランニング【旅行・観光】

ツープランニングのやりがい・面白さ

1-2■ツープランニングのやりがい・面白さ
いろんなプランを立てて、それを具体的な旅行商品に仕立てていくプロセスはとにかく面白い。
アイデアを練る、ガイドブックを調べる、行く先の視察・・・

ツアースケジュールが出来上がったら、価格設定や販促のためのパンフレットづくり、セールスや添乗まで担当しても自分が愛情を込めてつくったツアーだから全然苦痛じゃないですよね。

ツーアプランニング【旅行・観光】

ツーアプランニングの仕事

1-1★ツーアプランニングの仕事
旅行会社によって、ツーアプランニングの位置づけはさまざま。
独立した専門セクションと位置づけているのは少数で、オペレーション(仕入れ・手配)業務まであわせてプランニング(企画)と称している場合が多い。

小規模の旅行会社ではそれにセールスや添乗まで加えて一人何役もこなすのが当たり前。

企画が専門化しているのは、年間を通して大量のパッケージツアーを設定する旅行会社(ホールセーラー)。企画セクションの役割は重要で、大手ホールセーラーになると、アメリカ、アジア、ヨーロッパなど方面別に企画担当が分かれていたりする。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。